ニュース・ご案内・ブログ

2012 1月

こんにちは、営業の井川です。

先日、息子の保育所で餅つきが行われました。
久しぶりに子供と一緒に楽しい時間が過ごせました。

 

先生、親、そして長寿会の方々にも手伝って頂き

たくさんのお餅をつくことが出来ました。

雪が降るなか

子供たちも一人ずつ交代で杵を持ち

元気いっぱいついていました。

 

子供たちにたくさん元気をもらった一日でした。

| スタッフブログ

はじめまして、営業の松本と申します。

毎年小学校入学の準備に入るこの頃になると思い出す

2004年2月の朝日新聞記事があります。

抜粋して簡単にご紹介いたします。

― 以下朝日新聞記事

ベッドやテレビを備え個室化する子供部屋。

しかし「家をつくって子を失う」などの著書で警鐘を鳴らす

住宅産業研修財団の松田妙子理事長は、

ベッドを置かず机を中心にした勉強部屋が子供に適した学習環境という。

「兄弟が机を並べていれば協調性が養われます。

半年置きに机の配置を替えれば気分転換にもなります。」

模様替えは部屋の片づけを学ぶ効果もある。

「子供がひとりなら親が机を並べて勉強するといい」

小泉産業には「二人の姿を見ると微笑ましい」などと母親の声が寄せられている。

「子供机を親の目の届くリビングに置きたい」そんなニーズも増えている。

― 以上。

お読みになっていかがでしたか?

机の配置を考えるだけで家庭でのコミュニケーションづくりに有効なのです。

「家をつくって子を失わないように」と日々考えながら営業している松本でした。

| スタッフブログ

こんにちは、営業の西岡です

昨年12月改修工事が完成いたしました。

この建物は昭和49年築の木造2階建を大規模改修工事を行い

施主様の自宅を老人福祉施設として使用する予定です。
  
①外観は新築当時のイメージを崩さないように焼き杉の張り替え・塗り壁の塗り直し等を行いました。

 <before>

 <after>

②階段の上がり位置・形状が変わりました。ストリップ階段にして階段周りの開放感をだしました。
 <before>

 <after>

③和室広縁
 <before>

 <after>

④元々の和室のイメージを崩さずお年寄りの方がゆっくりくつろげるようになります。

 <before>

 <after>

⑤キッチンは対面式からオープンキッチンに変わりました。

 <before>

 <after>
   
⑥内部解体中に既存の大きな梁がでてきたので、天井を上げ梁をあらわしにしました。
開放感がでて尚且つ大きな梁が目立ちます。

 <after>

 <after>

以上、見所はまだまだ沢山あるのですが、

一度ではご紹介しきれないので後日またご紹介させていただいたらと思います。

| スタッフブログ
| 最新News

1月5日、本日より通常営業いたします。

本年も安心で快適な住まいを皆様にご提供いたしますので

よろしくお願いいたします。

| スタッフブログ